振袖美人になるには大人としての振袖マナーを知ることも大事

振袖美人になるにはマナーも大切

振袖美人になるにはマナーも大切

一生に一度しか着られない振袖。成人式というハレの日を特別なものにするため、お化粧やヘアセットにこだわる方は多いですが、振袖を着た時の立ち居振る舞いにも気を配ることでさらに美しくなります。

振袖は洋服とは違う動きが必要になりますので、いつも通りの立ち方・歩き方・座り方をしてしまうとだらしなく見えてしまいます。

きちんとした立ち居振る舞いを知っているかどうかで、振袖姿の美しさにも大きな差が出るため、大人としての振袖マナーを意識し、自信を持って振袖を着こなしましょう。

大人の振袖マナー

立ち方・歩き方

下を向かないよう、首ごと後ろへ引くように顎を引きましょう。足元はやや内股気味で、背筋を伸ばすことを意識すればとても優雅に見えます。また、歩く時も真っ直ぐ前を見て小股で歩くと美しくみせることができます。

座り方

椅子に座る時には猫背になったり、足を投げ出したりしないよう注意しましょう。浅く腰掛け、袖を膝の上で2枚に重ねてその上から手を添えるようにして押さえるととても綺麗に見えます。畳の上に座る場合には、まず片足を半歩ほど後ろに引いて、前かがみにならないよう注意しながら左膝を先に畳に付けます。裾や袖を踏んでいないか確認をしてから両膝を付け、両手は軽く太ももに当てましょう。

車の乗り降り

車に乗る時には先にお尻からシートに腰掛け、両足を揃えたまま体を回転させるイメージで乗りましょう。また、帯が潰れてしまわないようになるべくシートにはもたれないようにすることも大切です。降りる時は、乗った時と逆の動作を行います。

レンタルの振袖は選択肢が豊富な「ふりそでAlice」

振袖をレンタルしている「ふりそでAlice」

振袖のレンタルをお考えの方は、「ふりそでAlice」をご利用ください。「ふりそでAlice」では、もうすぐ成人式を迎える二十歳の乙女のために、夢見るような振袖コレクションをご用意しています。

甘めの色使いや可愛らしいデザインが特徴の「Sweet Girl」、ほんのりとした華やぎのある振袖がエレガントに演出する「Natural Beauty」、目立つこと間違いなしの「Retro&Modern」、正統派の古典振袖「Japan Princess」、スタイリッシュで大胆な「Cool&Gorgeous」といった振袖コレクションをご用意していますので、お好みの振袖をお探しください。

国内で500店舗以上を展開する「スタジオアリスグループ」だからこその高い技術力と今まで培ってきたノウハウを活かし、特別な時間をどこよりも美しく残します。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter