振袖の種類について

振袖の種類について~袖の長さで4つに分類~

振袖は袖の長さによって、大振袖・中振袖・小振袖(二尺袖)の4種類に分けることができます。振袖を着るシーンによって種類が異なるので、振袖選びの際は袖の長さにも注目してみてください。

大振袖

袖が長いほど格調が高いと言われており、1番格式が高いのが大振袖(本振袖)です。未婚女性が着用する第一礼装の着物で、袖の長さは約114cm~124cmです。華麗な絵羽模様と長い袖が特徴で、花嫁衣装(披露宴)として用いられることが多いです。

中振袖

袖の長さは約100cmで、成人式に着る振袖はこの長さがほとんどです。ハレの日にふさわしい装いであるため、華やかなパーティーや結婚式に呼ばれた際も中振袖を着用する方が多いです。

小振袖(二尺袖)

袖の長さは76~85cm程で、ちょっとしたお出かけやお茶会などに最適です。振袖の種類の中でも1番袖が短いため、活動的な印象があり動きやすいことから様々なシーンで重宝します。現代では卒業式などでよく使われています。

成人式の振袖をレンタルするなら多彩なデザインをご用意する「ふりそでAlice」で

成人式の振袖をレンタルするなら多彩なデザインをご用意する「ふりそでAlice」で

成人式を彩る素敵な振袖をレンタルするなら、ぜひ「ふりそでAlice」をご利用ください。

伝統的で華やかなデザインの振袖から、流行を取り入れたデザインの振袖まで幅広くご用意しております。「ふりそでAlice」ならカワイイ帯や小物が追加料金なしで自由にコーディネートできておすすめです。

レンタルの流れやサービス内容・料金についてご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 320Twitter