絹に関する基礎知識

絹は上質な素材として着物にも取り入れられております。長い歴史の中で愛され続ける絹の魅力に注目し、着心地の良い美しさを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本の文化である絹の歴史

日本の文化である絹の歴史

絹は紀元前3000年頃に中国で生産されたことが始まりだと言われております。

日本では弥生時代に絹の製法が伝わり、江戸時代には品質改善、明治時代には機械製糸業の時代となり発展してまいりました。長い歴史を経て受け継がれてきた絹は、本物である美しさを持っているからこそ人々に愛され求められてきたのです。

艶やかな光沢と肌にやさしい天然繊維である絹は、日本だけではなく世界の人々に認められるほど上質な素材として注目されております。

天然繊維である絹の特性

天然繊維である絹の特性

絹の魅力の一つとして、艶のある光沢と美しい色彩が挙げられます。絹の光沢は真珠にも例えられるほど魅力的であり、気品のある光沢を実現させます。

また、染料が美しく染まる特性により繊細な図柄を鮮やかに仕上げられることも魅力です。

さらに、絹は肌に触れ合う素材としても優れた特性を持っております。吸湿性や保温性に優れた天然繊維である絹は、「冬は暖かく、夏は涼しい」といった快適さを実現してくれるのです。

絹糸の種類

絹糸の種類

絹糸と言ってもその種類は様々であり、糸の処理方法によって分けられます。

例えば、繭を熱湯または弱アルカリ液で処理し、何本かをより合わせることで1本の糸に仕上げたものが「生糸」と呼ばれ幅広い用途に利用されます。

他にも、しばしば糸がもつれたまま出てくることから節の多い生糸である「玉糸」、綿状にしてから平らに引き伸ばした「真綿」などが挙げられます。

「ふりそでAlice」では、成人式を彩る素敵な振袖レンタルにてご紹介しております。レンタル用の振袖(絹100%)を常に100種類以上ご用意しておりますので、お客様の理想のデザインが必ず見つかります。デザイン性の高い振袖や前撮り写真・髪飾りのプレゼントが付いた嬉しいレンタルパックはとても人気です。ガーリーでスイートテイストな「Sweet Girl」、ナチュラルで自分らしさを大切にしたいあなたのための「Natural Beauty」、懐かしさと新しさのミックス感が新鮮な「Retro&Modern」など、様々なテイストからお好みの振袖をお選びください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 320Twitter