振袖を美しく着こなすために必要な小物について

肌着の役割を果たす和装下着

肌着の役割を果たす和装下着

着付けをする際、肌着として着物の下から和装下着を着用しますが、和装下着にはいくつか種類がございます。素肌に直接身に付ける上半身用の肌着である肌襦袢(はだじゅばん)は、さらしやガーゼ素材などがあり、吸湿性が高く肌触りの良いものがおすすめです。

また、肌襦袢と同じく素肌に触れる下着として裾除けが用いられます。腰巻き・蹴出し(けだし)とも呼ばれており、裾さばきを良くして歩きやすくする役割を担っています。

現在は、肌襦袢と裾除けが一緒になったワンピース型の肌着も人気です。他にも、肌襦袢と着物の間に着る長襦袢(ながじゅばん)や長襦袢の襟が汚れるのを防ぐ半襟などもあります。

半襟は着物の襟元から見えるため、おしゃれ小物として楽しめます。

着付け小物

着付け小物と呼ばれるアイテムには、腰紐・伊達締め・帯板など様々なものが挙げられます。

腰紐

振袖や長襦袢の又を決め、それを保つために腰の部分で締める紐です。着物の下準備には必要不可欠な小物で、人によって必要とする本数が異なりますが2~3本程あると安心です。

伊達締め

胸元が崩れないように腰紐の上から巻くものです。締まりや伸縮性などに注目して使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

帯板

前板とも呼ばれる帯板は、帯の前面に差し入れ、帯にシワが入らないようにするものです。長さや幅は様々で、ボール紙に布を張ったものやセルロイド製の素材のものもあります。使用する帯よりも幅が狭いものを選ぶのがポイントです。

コーディネートを素敵に仕上げる飾り小物

コーディネートを素敵に仕上げる飾り小物

飾り小物は、メインとする振袖をより引き立たて、コーディネートとして華やかなに彩ってくれます。

飾り小物の1つである帯揚げは、帯の形を整える目的がありますが、帯との色合わせを楽しむ飾りの役目も果たしてくれます。振袖の場合は、帯からしっかり見えるように着こなすことで華やかさを演出することが可能です。

他にも、凝ったデザインの帯留めや襟元のおしゃれを楽しめる重ね襟、ヘアメイクに使われる髪飾りなど、様々なアイテムがあります。振袖を美しく着こなすためにも、飾り小物は欠かせないアイテムです。

振袖のレンタルに関するご相談は、「ふりそでAlice」にお任せください。多彩なデザインの振袖に合わせて、カワイイ帯や小物を自由に組み合わせていただけて、追加料金もありません。振袖のレンタルだけでなく、前撮りの時の着付け・ヘアセットもついて安心でお得なプランですので、ぜひご利用ください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter