振袖に合うセルフメイクのポイント

振袖を着る際のメイクはなりたいイメージや相手への印象だけでなく、前撮り写真の仕上がりにも大きく影響を与えます。振袖とお顔が引き立つバランスの良い振袖メイクのポイントを押さえ、ご自身を素敵に演出しましょう。

「ベース」はしっかりと作り込む

「ベース」はしっかりと作り込む

振袖を着る際にセルフメイクを行う場合は、メイク前の「ベース」をしっかりと作り込むことが大切です。振袖に限らず、和装はお肌を綺麗に見せることでご自身をより美しく演出することができます。

メイク前はしっかりと保湿し、くすみを飛ばしてくれるパール入りの化粧下地やファンデーションでお肌のトラブル・ムラを整えると、清潔感のある陶器のような肌に仕上がります。

汗やテカリが出やすい方は、皮脂崩れ防止に優れた化粧下地を使用することがおすすめです。

ポイントを絞って「メリハリ」をつける

ポイントを絞って「メリハリ」をつける

振袖メイクでは普段よりも濃い目のメイクが似合うと言われておりますが、全てのパーツを濃くしてしまうと顔が浮いてしまい全体のバランスが悪くなってしまうこともございます。そのため、濃いメイクに仕上げる際は強調したいポイントに絞ることが大切です。

目や唇などを濃い目に仕上げ、その他のパーツはナチュラルに仕上げることでメリハリの効いたメイクを実現できます。

また、華やかなデザインの振袖をお選びする際は、シャドウやチークを同系色にまとめるなど色を多く使わないようにすることがポイントです。

振袖のレンタルは、豊富なデザインの振袖をご用意する「ふりそでAlice」をご利用ください。「ふりそでAlice」では、柄が気に入ってサイズが合えばお得な「お仕立てあがりレンタルパック」とお客様のサイズに合わせて振袖をお仕立てする「新品振袖レンタルパック」の2種のわかりやすいレンタルプランをご用意しております。九州、近畿、関東地区で常設店舗と展示イベントを開催しておりますので、振袖のレンタルをお考えの際はぜひ「ふりそでAlice」へお越しください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter