成人式までに覚えておきたい!もしもの時の対処法

普段着慣れない振袖は、洋服と勝手が違うことがたくさんあります。そのため、「トイレに行く時にはどうしたらいいの?」「汚れたらどうしよう」など不安を抱えている方もいらっしゃるでしょう。そこで、こちらでは覚えておくと役に立つ“もしもの時の対処法”をご紹介いたします。

トイレに行く時

トイレに行く時

トイレに行く時は袖を腕に一巻きし、床について汚れないように帯締めに挟みましょう。あとは振袖、襦袢、裾よけの準備にめくりあげ、帯締めに挟めば大丈夫です。

この時、後ろ側もしっかりとめくるように注意しましょう。帯締めに挟むのが難しい場合は、裾よけで振袖と襦袢を包み込んで、結んでしまうのもおすすめです。

トイレを終えたら、逆の順番で1枚ずつもとに戻していき、着崩れていないかを必ず確認してください。

草履の鼻緒で足が痛い時

草履の鼻緒で足が痛い時

履きなれない草履を履くと、どうしても鼻緒に当たる部分が痛くなってしまいます。そのため、両手で鼻緒を持って引っ張りあげたり、あらかじめ足の大きい方に履いてもらうなどして鼻緒を緩めておくのがいいでしょう。

また、爪先までグッと入れると足の股に直接鼻緒が当たって擦れてしまうため、軽く突っかけるようなイメージで足の親指と人差し指の関節あたりに鼻緒の先がくるようにして履くことをおすすめします。

痛くなった時のためにコットンを用意しておけば、足袋の中に入れて痛みを和らげることができます。

汚れてしまった時

汚れてしまった時

雨や泥、ジュース、アルコールなどの液体で汚れてしまった場合、撥水加工になっているものは汚れを払って落としますが、なっていないものは振袖の生地の裏に布を当て、水を含ませたハンカチやタオルで汚れた部分を優しく叩いてください。

無理に擦ってしまうと汚れがさらに広がり、染み込む可能性がありますので、注意しましょう。化粧品や油汚れの場合は、自己処理が難しいため、その場では何もする必要はありません。

振袖を汚さないよう、食事をする時にはナプキンやハンカチを衿に挟んだり、膝の上に置くようにしてください。テーブルの上にある調味料などに手を伸ばす時は、反対側の手で袖の袂を押さえるのも大切なポイントです。

振袖のレンタルをお考えの方は、「ふりそでAlice」をご利用ください。「ふりそでAlice」の振袖は、すべて撥水加工を施しています。また、クリーニング代も料金に含まれていますので安心してご利用ください。振袖レンタルから記念写真撮影までの一式が含まれたシンプルな料金プランをご提示しておりますので、振袖レンタルをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter