振袖姿の写真は綺麗に残したい!ポージングのコツ

人生に一度きりしかない成人式。その思い出をいつまでも綺麗に残しておくため前撮りを行いますが、せっかく写真を撮るのであれば、どびっきり綺麗に写りたいというのは誰でも思うことでしょう。

ちょっとしたポイントに気をつけるだけで、より綺麗な写りにすることができます。

全身撮影は「内股」「指先を揃える」を意識しよう

全身撮影は「内股」「指先を揃える」を意識しよう

振袖は、内股気味にポーズをしたほうが上品に見えます。また、指が綺麗に揃っているほうが美しく見えるため、手を重ねてポーズを撮る時には指の先まで意識しましょう。カメラに近いほうの手を上にして、肘を少し曲げることも美しく写るためのコツです。

また、柄が美しく見えるように左胸を前に出して右半身を引くようにポーズをとるのもおすすめです。振袖は左側の生地が上にくるため、左半身のほうが柄がよく見えるのです。振袖と言えば長い袖がポイントですので、袖を持ったり、広げたりして写真を撮るのもいいでしょう。

帯見せポーズもおすすめ

帯見せポーズもおすすめ

振袖のもうひとつの主役は、帯結びです。そのまま真後ろから撮るのではなく、帯結びと一緒に横顔が入るように体を斜めに傾けることで、体がほっそりと小顔に写ります。

また、帯結びだけではなく、衿元、うなじ、髪飾りなども綺麗に写るように意識しましょう。カメラ目線もいいのですが、遠くの上のほうを見たり、うつむき加減で視線を落とすことで女性らしい印象になります。

振袖ならではの華やかな帯結びと横顔の写真は成人式らしい写真となりますので、ぜひ撮っておきたい1枚です。

「ふりそでAlice」では、着付けや撮影は確かな技術を誇るプロスタッフが対応いたします。前撮りプランに含まれるヘアセットとヘアメイクは提携の美容室で行い、撮影は国内500店舗以上を展開するスタジオアリスが、たくさんの記念撮影で培ったノウハウと技術を活かして、特別な時間・瞬間をどこよりも美しく残します。成人式に向けて振袖をお探しの方は「ふりそでAlice」にお気軽にお問い合わせください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 320Twitter