成人式ではなぜ振袖を着るの?

振袖の起源

振袖の起源

振袖は江戸時代、子どもや未婚の女性が着る振りのある長い小袖として誕生しました。当時は55~95cmの袖丈でしたが、江戸時代初期から中期にかけて徐々に袖丈が長くなり、現在は最も袖の長い大振袖で114cmくらいとなっています。

袖丈が長くなった理由については諸説ありますが、舞踊を披露する際、舞台の上でより美しく見えるように長くしたという説が広く知られています。

明治時代以降は未婚女性の正装として定着しましたが、袂が長いと日常動作に邪魔なため、普段着としての着用はなくなりました。

成人式で振袖を着る理由

成人式で振袖を着る理由

成人式で振袖を着るのは、江戸時代の頃18歳になると大人になった証として袖の袂を切って振りを縫い、そこから袖丈一杯の留袖にするという風習があったことから由来すると言われています。

また、昔は長い袖を振ることで神を呼び寄せる「魂振り」を行い、神の魂を奮い立たせていました。しかし、いつしかそれは神だけではなく、意中の人と心を通わせるために袖を振るようになったのです。

そのため、振袖は人との縁・魂を呼び寄せる清らかな着物として、成人式で着られるようになりました。また、第一礼装で改まった席に臨むことで、大人になったという自覚を持ち、親に成長の報告と感謝の気持ちを伝える意味もあります。

厄払いの意味も込められている

厄払いの意味も込められている

ゆらゆらと揺れる長い袖は、厄を払うとも言われています。女性の本厄は19歳、33歳、37歳、61歳のため、成人式の前の年は本厄になります。

本厄では男女共に体力に変化が訪れたり、家族や社会的な環境の変化が訪れやすい時期にあたるため、人生の門出に身を清めるという意味も込めて成人式で振袖が着られているのです。

「ふりそでAlice」では、ハレの日を彩る多彩な振袖コレクションをご用意しております。好きなスタイル、好きなカラー、ご希望レンタル価格からお選びいただけますので、ぜひお気に入りの振袖を見つけてください。成人式後の振袖は、同封の着払い伝票を貼って、宅配便でのご返却となりますので、ゆっくりとハレの日をお過ごしいただけます。システムの内容や価格についてスタッフが丁寧にご説明いたしますので、まずはお気軽に店舗または展示予約会にお越しください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter