振袖と帯を組み合わせる際のポイント

振袖のレンタルを行う「ふりそでAlice」では、振袖に合わせる帯や小物も追加料金不要で自由にお選びいただけます。そこで、こちらでは成人式の振袖をレンタルしようとお考えの方へ、振袖と帯を組み合わせるポイントをご紹介いたします。

同系色の組み合わせ

同系色の組み合わせ

着物を着る際に品があり落ち着いた印象を演出したい場合には、同系色の組み合わせが良いでしょう。

全く同じ色味を選ぶということではなく、似たような色合いで合わせるとスッキリと上品な着こなしに仕上がります。

振袖の地色や柄にある色を選ぶと失敗がございません。帯締めや帯揚げの色を変えると差し色となり、全体的にバランスが良くなります。

反対色の組み合わせ

反対色の組み合わせ

振袖の色に対して、反対色(補色)や生地・柄に使われている色と全く違った色合いの帯をお選びすることもおすすめです。

振袖の地色が赤の場合は落ち着いた色味である緑を、青の振袖には金や黄色が用いられた帯などを組み合わせることで、個性で差をつけるコーディネートが楽しめます。

粋な着こなしをしてみたいという方は、反対色の帯を選んでみてはいかがでしょうか。

柄×柄で映える演出を

柄×柄で映える演出を

洋服だと柄と柄を組み合わせることは難しいと感じる方もいらっしゃると思いますが、着物であれば柄物の着物と柄物の帯を合わせてもしっかり映える組み合わせがございます。

振袖、帯ともに強調していると感じる場合は、色味や色の濃淡で調整します。そうすることで、どちらの良さも引き立つ美しい着こなしに仕上がるのです。

和装のことはよく分からないからコーディネートは呉服店やレンタル店に全て任せてしまう、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、人によってセンスや好みは異なります。一生に一度の成人式を自分らしく楽しむためには、振袖と帯の組み合わせにもこだわってみてはいかがでしょうか。

成人式の振袖をレンタルする際は、「ふりそでAlice」でお選びください。新作振袖はいつでも100着以上をご用意しており、帯をはじめ小物類も充実していることから自分らしいコーディネートでレンタルすることができます。レンタルに関する詳細はお気軽にお問い合わせください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter