「歩き方」を意識して姿美人に|成人式の振袖レンタルならふりそでAlice(アリス)

「歩き方」を意識して姿美人に

振袖は、洋服を着ている時とは全く異なる立ち振る舞いが必要とされます。そのため、成人式で振袖を綺麗に着こなすためには、歩き方などを意識することが大切です。美しい立ち振る舞いをマスターして落ち着いた雰囲気を演出し、人目を引くような姿美人を目指しましょう。こちらでは、立ち振る舞いの中でも特に重要な「歩き方」についてご紹介します。

振袖で歩く時は「音を立てず小幅で」

振袖で歩く時は「音を立てず小幅で」

振袖で歩く時は、普段と同じように歩くのではなく、歩幅をできるだけ小さくするように意識してみましょう。普段の歩幅の半分程度といったイメージで歩くのがおすすめです。

また、歩行の際かかとから着地して歩くのが通常ですが、振袖での歩き方をより美しく見せたいという方は「足の指の付け根」から着地して歩くようにすると足音が鳴りにくく立ち振る舞いが綺麗に見えます。

階段の昇り降りは斜めを向いて

階段の昇り降りは斜めを向いて

振袖で普段のように階段を昇り降りすると、裾を踏んでしまったり、膝が曲げづらいために転んでしまったりすることがあります。

そのため、振袖で階段の昇り降りを行う際は膝が前に出ないよう身体を少し斜めにしましょう。斜めにすることで振袖に膝がつっかえたり、裾がはだけてしまったりするのを防げます。

また、いざという時に掴まりやすいように階段の手すり側に身体を傾けておくと安心です。

成人式に振袖のレンタルをお考えでしたら、「ふりそでAlice」にお任せください。「ふりそでAlice」では常時100着以上の高品質な絹100%の振袖を取り揃え、ご希望に合わせたプランでお客様にとって特別な思い出となるよう心を込めてサポートさせていただきます。料金には、振袖レンタルから記念写真撮影まですべて含まれています。(※成人式当日のお支度は除きます)

また、どのレンタルパックにも帯や小物が含まれており、どれを選んでも追加料金は発生しません。前撮り撮影時の着付け・ヘアセットも料金に含まれておりますので、安心してご利用ください。お客様一人ひとりが一生に一度の成人式を最高の笑顔で過ごせるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 308Twitter