雨でも振袖を楽しみたい!雨の日の足元対策|成人式の振袖レンタルならふりそでAlice(アリス)

雨でも振袖を楽しみたい!雨の日の足元対策

雨の日は、傘などで振袖全体が濡れてしまうことは防げても、足元は歩く際に水や泥が跳ねて汚れたり濡れたりして雨の影響を受けやすいものです。こちらでは、綺麗な振袖姿をそのままの状態で楽しめるよう雨の日の足元対策についてご紹介します。

「爪皮(つまかわ)」の活用

「爪皮(つまかわ)」の活用

雨の日の対策として、爪皮を活用するのも一つの方法です。爪皮とは、濡れやすいつま先を水しぶきや雨からガードしてくれる草履専用のカバーのことです。

もともと革で作られていたため“爪皮”と呼ばれるようになりましたが、今では撥水性のあるプラスチック素材のものや短時間の外出に最適なビニールタイプのものなど様々な種類があります。

爪皮を使用する際は、用途や天候に合わせてお選びください。

「替えの足袋」は必須!

「替えの足袋」は必須!

どんなに雨対策を行っても、足袋が汚れてしまっては意味がありません。また、白色の足袋は汚れが見えやすく、一度シミになってしまうととても目立ってしまいます。

そのため、濡れたり泥跳ねでシミができてしまったりした時のために予備の足袋を用意しておくことをおすすめします。

雨の日だからこその「歩き方」

雨の日だからこその「歩き方」

着物姿の時は美しい立ち居振る舞いが求められるものです。だからこそ、「正しい歩き方」が重要になりますが、実は「着物を着た時の正しい歩き方」は雨の日の和装で足元が汚れにくい歩き方でもあります。

「背筋を伸ばし」「歩幅を小さく」「足はまっすぐ動くように」が基本となる歩き方の中で、特に「足をまっすぐ動かすこと」が雨の日には重要です。地面を蹴りだす時に後ろにはねた泥が反対側の足につかないよう、両足の着地点が別々の直線上になるように意識してみてください。

また、背筋を伸ばして歩幅を小さくすることで、歩く時に遠くまで見通しやすく水たまりなどを避けやすい慎重な歩き方となります。

成人式の振袖をレンタルしたいという方は、「ふりそでAlice」のレンタルパックをご利用ください。ガーリーでスイートテイスト、ナチュラルビューティー、レトロモダン、クールゴージャスなど、成人式に人気の華やかな振袖を100着以上ご用意しております。また、成人式でのレンタルだけでなく、結婚式や結納、お祝いの席への正装としてのご利用も大歓迎です。

5つの料金プランをご用意しており、どれをお選びいただいても追加料金が発生することはございません。絹100%の高品質な振袖をお求めやすい価格でご提供しておりますので、特別な一着はぜひ「ふりそでAlice」でお探しください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 308Twitter