帯揚げとは?帯揚げの歴史や役割|成人式の振袖レンタルならふりそでAlice(アリス)

帯揚げとは?帯揚げの歴史や役割

成人式の振袖レンタルは「ふりそでAlice」が承ります。絹100%の高品質な振袖レンタルで安心価格を実現しておりますので、お気軽にご利用ください。振袖姿をより華やかにしてくれる小物の一つとして、「帯揚げ」がございます。帯揚げは着物姿を美しく演出するほかに、どのような役割があるのでしょうか。

意外と知らない帯揚げの歴史

意外と知らない帯揚げの歴史

帯揚げが使われるようになったのは、江戸時代の末期頃からだとされています。当時、深川の芸者さんが少し違った帯の結び方として今の「お太鼓結び」を考案しました。

お太鼓結びをする際、帯の形を整える帯枕を隠すとともに、重くなった帯を支えることを目的として「帯揚げ」が考案されたのです。

お太鼓結びは明治以降にかけて一般女性に広まっていき、その後帯揚げが商品化されたのは明治40年頃だと言われております。

帯揚げをコーディネートのアクセントとして

帯揚げをコーディネートのアクセントとして

帯には、帯枕を使う結び方から使わない結び方まで様々な結び方がございます。

帯枕を隠すために用いられる帯揚げでしたが、近年では帯枕を必要としない結び方であっても、コーディネートの一部として取り入れる方が多くいらっしゃいます。

特に実用性がなくとも着物と帯の境目を繋ぐアクセントとして取り入れることにより、おしゃれで引き締まったバランスの良い着こなしに仕上がるのです。

振袖に用いられる帯揚げ

振袖に用いられる帯揚げ

振袖に合わせる帯揚げはふんわりとした印象をつくる総絞りを用いることが多く、中央の結び目をつぶさずに胸元にふくらみができるよう整えて華やかさを演出します。

着物との格の違いや色のバランスに注目して、全体に馴染む色を選び品のある印象を演出したりアクセントとなるような色を選んだり、振袖に合わせて自由に組み合わせることができます。

帯揚げもコーディネートに欠かせないポイントとして、こだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。

成人式に自分らしく振袖を着こなしたいとお考えの方は、「ふりそでAlice」のレンタルをご利用ください。色・柄ともに豊富に揃えており、帯をはじめとした小物類も追加料金不要で幅広い組み合わせを実現できます。着物や帯だけでなく、帯留めや帯締めといった小物類にもこだわってコーディネートを楽しんでみませんか?成人式の振袖には、手軽にご利用いただける「ふりそでAlice」のレンタルをお役立てください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 146 Facebook
  • 305Twitter