帯締めは何のためにある?役割とルール

振袖をはじめ着物を着る際に、結んだ帯の真ん中に飾りの紐があることはご存じの方もいらっしゃると思います。素材やカラーなどデザインも様々で、結び方にも種類がございます。今では帯そのものが華やかなものも多く、華やかさを演出する帯締めを必要としない場合もあるのではないでしょうか。しかし、帯締めは飾りとしてだけでなく、重要な役割がございます。

帯締めとは

帯締めとは

帯を締める際に用いる小物の一つが帯締めです。主に袋帯や名古屋帯の際に用いられており、組み方や色、柄、太さなど、多種多様な種類の中から着用目的、季節、好みに合わせてお選びします。

帯の上に結ぶことから見た目のアクセントとしてはもちろん、帯との組み合わせで華やかさや上品さを演出し、着物姿を引き立ててくれる重要なアイテムでもあります。

また、帯締めは単に飾りとして用いられているわけではなく、帯締めを使うことで帯の形が崩れにくくなるのです。

丸く編まれた「丸組」、平たく編まれた「平組」は見た目が一本の細長い紐です。中に綿が入った「丸ぐけ」という帯締めもあります。

帯締めのルール

帯締めのルール

帯締めは、幅が広くて金糸や銀糸の入ったものはフォーマルな着こなしで用いられるのが一般的であり、黒留袖や色留袖には白や金、銀のものをお選びすることが基本とされています。

幅が狭いもの、単色のもの、金糸や銀糸を使っていないものは、カジュアルな着こなしの際に用いられます。結び目が体の正面に見えるようにして、先は片方上向きで片方下向きになるよう、または両端ともに上向きになるよう体の脇に挟み込みます。

成人式をはじめ、華やかなシーンで振袖を着用する際は、藤結びや桜結び、近年では三つ編みやリボンのアレンジなど斬新な結び方が取り入れられております。

成人式に振袖を着る際は、「ふりそでAlice」のレンタルをご利用ください。常時100種類以上の振袖(絹100%)をご用意しており、デザインやカラーも多種多様に揃えているのであなただけの1着がきっと見つかります。振袖に組み合わせる帯や帯締めといった小物類は、追加料金不要で自由に選ぶことができ、レンタルながらも自分らしいコーディネートを楽しめます。成人式の振袖レンタルは、ぜひ「ふりそでAlice」にお任せください。

ふりそでAliceをシェアする
Share

  • 0 Facebook
  • 316Twitter